スポンサーリンク

舟を編むドラマキャスト相関図と一覧!脇役も役柄と顔画像付きで紹介

舟を編むドラマキャスト相関図と一覧!脇役も役柄と顔画像付きで紹介
Pocket

NHKのTVドラマ『舟を編む』の製作が決定しました。

「舟を編む」といえば、2013年には松田龍平さん主演で映画化されて大きな話題を呼びましたよね。

2024年2月18日より毎週日曜夜10時~10時49分で放送されます。

実写化されるとなると、主演から脇役までどんなキャストの方がどの役柄を演じられるのか気になりますよね。

相関図も発表されているのでしょうか。顔画像も併せて一覧があると嬉しいですね。

今回はそんな『舟を編む』の相関図やドラマ版キャスト、脇役まで役柄を顔画像と共に一覧にして見ていきたいと思います。

 

舟を編むドラマ版キャスト相関図

小説も映画も好評だった本作ですが、TVドラマ版の相関図はこちらです。

続いては「舟を編む」のあらすじを確認してみましょう。

 

舟を編むのあらすじ

玄武書房のファッション誌編集部に勤める岸辺みどり。

携わっていた雑誌が廃刊になり、辞書編集部に異動することになります。

そこには頭がボサボサの馬締をはじめ癖の強い人物だらけでした。

辞書編集部では”大渡海”という新しい辞書を作成していて、岸辺は辞書編集部の面々と共に辞書完成に向け色々な問題に立ち向かう、というお話です。

馬締をはじめ辞書編集部には個性的な人物ばかりで、初めは辞書作りに意欲的ではなかった岸辺も徐々にその魅力に気が付いて辞書作りの楽しさにのめりこんでいきます。

果たして無事”大渡海”は完成し発表することができるのでしょうか?

今回のTVドラマ版では、馬締が主人公の原作とは違い岸辺みどり視点でお話が進んでいくようです。

 

舟を編むドラマ版キャスト一覧(脇役も役柄と顔画像付きで紹介)

ここまで『舟を編む』のあらすじなどを見てきましたが、今回のTVドラマ版のキャストは誰なのか、気になりますよね。

ドラマ『舟を編む』のキャスト一覧は次のとおりです。

  • 岸辺みどり(きしべみどり)/池田エライザ(いけだえらいざ)
  • 馬締光也(まじめみつや)/野田洋二郎(のだようじろう)
  • 松本朋佑(まつもとともすけ)/柴田恭兵(しばたきょうへい)
  • 宮本慎一郎(みやもとしんいちろう)/矢本悠馬(やもとゆうま)
  • 馬締香具矢(まじめかぐや)/美村里江(みむらりえ)
  • 荒木公平(あらきこうへい)/岩松了(いわまつりょう)
  • 佐々木薫(ささきかおる)/渡辺真起子(わたなべまきこ)
  • 天童充(てんどうみつる)/前田旺志郎(まえだおうしろう)
  • 西岡正志(にしおかまさし)/向井理(むかいおさむ)

また、役柄はまだ未公開ですが、次のキャストが発表されています。

  • 堤真一(つつみしんいち)
  • 鈴木伸之(すずきのぶゆき)
  • 鷲尾真知子(わしおまちこ)
  • 勝村政信(かつむらまさのぶ)
  • 森口瑤子(もりぐちようこ)
  • 伊藤歩(いとうあゆみ)
  • 村川絵梨(むらかわえり)
  • 柄本時生(えもとときお)
  • 細田善彦(ほそだよしひこ)
  • 戸塚純貴(とつかじゅんき)
  • 金澤美穂(かなざわみほ)
  • 肥後克広(ひごかつひろ)
  • 加治将樹(かじまさき)
  • 野呂佳代(のろかよ)
  • 宮崎莉里沙(みやざきりりさ)

 

岸辺みどり(岸辺みどり)/池田エライザ(いけだえらいざ)

女性ファッション誌部門から配属されてきた岸辺みどり。

初めのうちこそ辞書編集部のメンバーの独特な感じに驚いていたが、次第に辞書作りの楽しさに気が付きのめりこんでいきます。

 

池田エライザのプロフィール

  • 生年月日:1996年4月16日(27歳)
  • 出身地:福岡県福岡市
  • 身長:170㎝
  • 血液型:B型
  • 代表作:賭ケグルイseason2(2019年)/真夜中乙女戦争(2022年)/名建築で朝食を(2020年)

池田エライザさんといえば、最近ドラマや映画、バラエティやCMなどで活躍中の人気タレントさんですよね。

元々はモデル出身ということもあって、スタイル抜群で若い女性からの人気が高いのも分かりますね。

 

馬締光也(まじめみつや)/野田洋二郎(のだようじろう)

頭ボサボサで仕事をする辞書編集部の上司です。

少し変わった所もあるが辞書作りへ賭ける情熱は強く、真面目な性格で本が好きです。

以前は営業部に所属していました。

 

野田洋二郎のプロフィール

  • 生年月日:1985年7月5日(38歳)
  • 出身地:東京都
  • 身長:180㎝
  • 血液型:A型
  • 代表作:泣き虫しょったんの奇跡(2018年)/キネマの神様(2021年)/100万円の女たち(2017年)

人気音楽グループ”RADWIMPS”のヴォーカル、野田洋二郎さん。

2015年からは俳優にも挑戦されていて、その演技力にも評価が高いようです。

2020年にNHK連続TV小説「エール」にも出演されていましたね。

 

松本朋佑(まつもとともすけ)/柴田恭兵(しばたきょうへい)

辞書編集部で「先生」と呼ばれる国語学者です。

今までは定年退職した荒木と共に様々な辞書の企画・編集に携わってきました。

 

柴田恭兵のプロフィール

  • 生年月日:1951年8月18日(72歳)
  • 出身地:静岡県静岡市
  • 身長:176㎝
  • 血液型:AB型
  • 代表作:あぶない刑事(1986年~)/はみだし刑事情熱系(1996年~)/北のカナリアたち(2012年)

柴田恭兵さんといえば、”あぶない刑事”シリーズで有名な大御所俳優さんですよね。

おちゃらけたかわいらしい会話部分とカッコよく戦うシーンとのギャップが流行り大人気シリーズとなりました。

今回はどんな松本先生を演じてくださるのかとても楽しみです。

 

宮本慎一郎(みやもとしんいちろう)/矢本悠馬(やもとゆうま)

あけぼの製紙に勤める営業部員。”大渡海”にふさわしい紙を研究しています。

 

矢本悠馬のプロフィール

  • 生年月日:1990年8月31日(33歳)
  • 出身地:京都府
  • 身長:161㎝
  • 血液型:AB型
  • 代表作:今日から俺は!!(2018年)/賭ケグルイ(2018年)/ゆとりですがなにか(2016年)

矢本悠馬さんといえば、今では数多くの作品に出演されている名脇役ですよね。

CMなどにも多数出演されていて、今後の活躍が楽しみな俳優さんですね。

 

馬締香具矢(まじめかぐや)/美村里江(みむらりえ)

辞書編集部の上司馬締光也の妻です。

神楽坂で料亭”月の裏”を営み、馬締が下宿していた大家の孫娘です。

 

美村里江のプロフィール

  • 生年月日:1984年6月15日(39歳)
  • 出身地:埼玉県深谷市
  • 身長:167㎝
  • 血液型:B型
  • 代表作:着信アリ2(2005年)/いま、会いにゆきます(2005年)/西郷どん(2018年)

美村里江さんといえば「着信アリ2」で有名ですよね。

一時期芸能活動をお休みされていたようですが、「西郷どん」に出演されてから活動を再開されているようです。

その際、以前のミムラから美村里江に芸名を変えたそうです。

 

荒木公平(あらきこうへい)/岩松了(いわまつりょう)

元辞書編集部ベテラン社員。一度定年退職するが嘱託として戻ってきました。

入社以来ずっと辞書編集に人生を捧げています。

 

岩松了のプロフィール

  • 生年月日:1952年3月26日(71歳)
  • 出身地:長崎県東彼杵郡
  • 身長:168㎝
  • 血液型:A型
  • 代表作:時効警察(2006年~)/天地人(2009年)/熱海の捜査官(2010年)

岩松了さんも、言わずと知れた名脇役ですよね。

時効警察の時の所長さん役は個性的でおもしろい役どころだったので、今回辞書一筋の荒木役がどのようになるのか、楽しみですね。

 

佐々木薫(ささきかおる)/渡辺真起子(わたなべまきこ)

辞書編集部契約社員の事務員です。

無駄口は叩かず言う時はビシッと言い、面倒見の良いところもあります。

 

渡辺真起子のプロフィール

  • 生年月日:1968年9月14日(55歳)
  • 出身地:東京都
  • 身長:165㎝
  • 血液型:AB型
  • 代表作:愛の予感(2007年)/ヒミズ(2012年)/最後から二番目の恋(2012年)

渡辺真起子さんは、最近だと「TOKYO MER~走る緊急救命室~」に出演されていましたね。

辞書編集部の縁の下の力持ち佐々木さんを見事に演じてくれそうですよね。

 

天童充(てんどうみつる)/前田旺志郎(まえだおうしろう)

辞書編集部のアルバイトリーダーです。

体育会系のノリで辞書編集部を盛り上げます。

大学で日本語学を専攻していて、辞書を引くのがとても速いです。

 

前田旺志郎のプロフィール

  • 生年月日:2000年12月7日(20歳)
  • 出身地:大阪府吹田市
  • 身長:非公開
  • 血液型:O型
  • 代表作:わたしの幸せな結婚(2023年)/平清盛(2012年)/女神の教室~リーガル青春白書~(2023年)

前田旺志郎さんは、”まえだまえだ”の弟さんのほうです。

まだ小学生くらいでお笑い芸人として大人に負けずに堂々とテレビに出演されていた印象がある方でしたが、最近は映画やドラマなどにも多く出演されているようです。

 

西岡正志(にしおかまさし)/向井理(むかいおさむ)

元・辞書編集部員ですが、現在は”大渡海”出版のために宣伝部に異動となりました。

一見チャラい男ですがコミュニケーション能力に長けていて、営業力がある頼れる人物です。

馬締の唯一の友人であり、共に助け合う重要な役です。

 

向井理のプロフィール

  • 生年月日: 1982年2月7日(41歳)
  • 出身地:神奈川県横浜市
  • 身長:182cm
  • 血液型:O型
  • 代表作:のだめカンタービレ(2006年)/ゲゲゲの女房(2010年)/パリピ孔明(2023年)

バーテンダーとして働いていた時に雑誌の取材を受けたことがきっかけでスカウトされ、2006年に「ミニッツメイド」のCMでデビューしました。

以降数多くの人気ドラマや映画にコンスタントに出演し、俳優としてのキャリアを重ねています。

 

まとめ

今回はTVドラマ『舟を編む』について、相関図やキャストの皆さんを脇役まで役柄別に顔画像と一覧で見てきました。

アニメや映画で何度も映像化されてきた作品ですので、今度はどのような映像作品を見せてくれるのか楽しみですね!

アニメ版・映画版とはまた違った馬締光也が見られそうで楽しみです!

相関図やキャストの顔画像をチェックして、放送までにキャスト一覧を頭に入れておきましょう。

脇役の方々も個性のある方ばかりなので、そちらも見逃せないですね。

松田龍平さんの馬締光也もとても素敵なので、ぜひ予習も兼ねて映画版『舟を編む』もチェックしてみてくださいね。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

コメント