スポンサーリンク

【髪色長持ちのコツ】ヘアカラー後にやるべき5つのこと+日常の習慣4選

【髪色長持ちのコツ】ヘアカラー後にやるべき5つのこと+日常の習慣4選
Pocket

  • ヘアカラー直後の色落ちをどうにかしたい
  • 色持ちを良くするための日常ケアは?
  • ブリーチ後や明るい色への染色後のメンテナンス方法は?

こんな悩みを解決できる記事になっています!

なぜなら、美しいヘアカラーを長持ちさせるための具体的な方法と、日常で簡単に取り入れられる習慣を紹介しているからです。

この記事を読み終えることで、ヘアカラー後の色落ちを効果的に防ぎ、理想の髪色をより長く楽しむことができます!

記事の前半では『ヘアカラー後の色落ちを防ぐ方法5つ』について解説し、

記事の後半では『色落ちしやすいヘアカラーの種類とその対策3つ』に焦点を当て、さらに詳しいケア方法を提供しますので、ぜひ参考にしてください。

 

ヘアカラー後の色落ちを防ぐ方法5つ

ヘアカラー後の色落ちを防ぐ方法5つ

ヘアカラーをした後の色落ちを気にされている方は多いでしょう。色持ちを良くするためにできることがいくつかあります。

色落ちを防ぐための方法を5つご紹介します。

  • カラーシャンプーを使う
  • アイロン・コテの温度を低く保つ
  • 暗めの色に染める
  • 洗髪時はぬるま湯を使用する
  • 定期的なトリートメントで髪を保護する

それぞれ詳しく解説していきます。

 

カラーシャンプーを使う

カラーシャンプーの使用は、ヘアカラー後の色落ちを防ぐ効果的な方法です。

このシャンプーは、色素を補充しながら洗浄するため、色持ちが良くなります。

実際に、カラーリング専用の製品を選ぶことで、色落ちを気にせずに済む人もいます。

  • カラーリング専用のシャンプーを使用している人
  • 髪色を長持ちさせたいと考えている人
  • 色落ちを最小限に抑えたい人

カラーシャンプーは、これらの要望に応えるための一つの解決策です。

さらに、使用する際は髪の状態に合わせて選ぶことが大切です。

そうすることで、美しい髪色を長く楽しむことができるでしょう。

 

アイロン・コテの温度を低く保つ

高温のアイロンやコテは、ヘアカラーの色落ちの原因になり得ます。

熱によって髪の毛が傷み、色素が流れ出やすくなるためです。

そのため、温度設定を低めにすることが推奨されます。

  • 熱によるダメージを避けたい人
  • 髪の色持ちを良くしたい人
  • スタイリングをしながら髪を守りたい人

これらの方々にとって、温度管理は非常に重要です。

また、熱から髪を守るためのヒートプロテクトスプレーの使用もおすすめです。

アイロンやコテを使う際は、このような対策を心がけましょう。

 

暗めの色に染める

暗めの色に染めることも、色落ちを防ぐ一つの方法です。

明るい色よりも暗い色の方が、色持ちが良いと一般的に言われています。

  • 明るい色に飽きた人
  • 色落ちを気にせずにすむ髪色を求める人
  • メンテナンスを少なくしたい人

暗めの色にすることで、これらのニーズに応えることができます。

さらに、自然な色合いであれば、根元の伸びも目立ちにくいというメリットもあります。

ですから、手間を減らしつつ、美しい髪色を維持したい方には、暗めの色がおすすめです。

 

洗髪時はぬるま湯を使用する

洗髪時には、ぬるま湯を使用することが色落ちを防ぐコツの一つです。

熱いお湯は、髪の毛のキューティクルを開かせ、色素の流出を促してしまいます。

  • 髪の色持ちを良くしたい人
  • 髪に優しいケアを心がけている人
  • 毎日の髪のメンテナンスを大切にしている人

これらの方々にとって、ぬるま湯での洗髪は、髪を守るための習慣となり得ます。

また、シャンプーやコンディショナーの選び方も大切です。

髪に優しい製品を選ぶことで、色持ちをさらに良くすることが可能です。

 

定期的なトリートメントで髪を保護する

髪を定期的にトリートメントすることで、色落ちを防ぐことができます。

トリートメントは、髪に潤いを与え、ダメージを補修する効果があります。

  • 髪の健康を保ちたい人
  • カラーリングによるダメージを最小限に抑えたい人
  • 美しい髪色を長持ちさせたい人

これらの方々にとって、トリートメントは必須のケアです。

また、サロンでのプロのトリートメントも効果的です。

自宅でのケアと併せて、プロの手によるケアを受けることで、髪の健康をさらに向上させることができます。

トリートメントによって、髪の内部から強化し、美しい髪色を長く保つことが可能になります。

ぜひ、これらの方法を試してみてください。

 

日常でできるヘアカラーの色持ちを良くする習慣4つ

日常でできるヘアカラーの色持ちを良くする習慣4つ

ヘアカラー後の美しい色を保つことは、多くの人にとって重要なことです。

特に、色落ちが早い一週間以内に、できるだけその鮮やかさを保ちたいものです。

そこで、日常生活で取り入れることができる、ヘアカラーの色持ちを良くする習慣を4つ紹介します。

高温のドライヤー使用を避ける、紫外線から髪を守る、洗浄力の強いシャンプーを避ける、水泳後はすぐに髪を洗い流す、これらの習慣を一つずつ見ていきましょう。

 

高温のドライヤー使用を避ける

高温のドライヤーは、髪の毛に大きなダメージを与える原因になります。

高温で髪の毛を乾燥させると、髪の毛の水分が奪われ、キューティクルが開いてしまいます。これが、色素の流出を促進することになるのです。

実際に、高温のドライヤー使用を避けている人は以下のような人が多いです。

  • 髪の毛のダメージを抑えたい人
  • ヘアカラーの色持ちを良くしたい人
  • 髪の健康を重視する人

以上は一部の例であり、低温で乾かす、または自然乾燥を選ぶことで、髪の毛の健康を守り、色持ちを良くすることができます。

 

紫外線から髪を守る

紫外線は、髪の毛の色素を分解し、色褪せを早める原因になります。

そのため、帽子やスカーフを使用して髪の毛を紫外線から守ることは、色持ちを良くするうえで非常に有効です。また、UVカット効果のあるヘアケア製品を使用するのも良いでしょう。

実際に、紫外線から髪を守っている人は以下のような人が多いです。

  • 外出時に帽子やスカーフを利用する人
  • UVカット製品を活用する人
  • 髪の毛の色褪せを気にする人

以上のように、紫外線対策をすることで、ヘアカラーの美しさを長く保つことができます。

 

洗浄力の強いシャンプーを避ける

洗浄力が強いシャンプーは、髪の毛の色素を洗い流してしまうことがあります。

そのため、カラーリング専用のシャンプーや、洗浄力が穏やかなシャンプーを選ぶことが大切です。

これにより、髪の毛へのダメージを減らし、色持ちを良くすることができます。

実際に、洗浄力の強いシャンプーを避けている人は以下のような人が多いです。

  • カラーリング専用シャンプーを使用する人
  • 髪の毛の健康を重視する人
  • ヘアカラーの色持ちを良くしたい人

以上のように、シャンプー選びに注意することで、髪の毛の色持ちを良くすることが可能です。

 

水泳後はすぐに髪を洗い流す

水泳後は、塩素や塩分が髪の毛に残りやすくなります。

これらの物質は、髪の毛のダメージを引き起こし、色素の流出を促進することがあります。そのため、水泳後はできるだけ早く、髪の毛を水で洗い流すことが推奨されます。

実際に、水泳後にすぐに髪を洗い流している人は以下のような人が多いです。

  • 頻繁に水泳をする人
  • 髪の毛の健康を大切にする人
  • ヘアカラーの色持ちを良くしたい人

以上のように、日常生活での小さな習慣が、ヘアカラーの色持ちを良くするためには重要です。

これらの習慣を取り入れることで、ヘアカラーの美しさを長く楽しむことができるでしょう。

 

まとめ

【髪色長持ちのコツ】ヘアカラー後にやるべき5つのこと+日常の習慣4選

せっかくキレイにヘアカラーしたのに一週間で色落ちしてしまうのは困りますよね。

鮮やかな髪色にしたり、今流行りの髪色にしたりとヘアカラーをすると気分もあがります。

お風呂に入るたびに少しずつ色落ちしてしまうのは、分かっていてもちょっと悲しくなってしまいます。

今回ご紹介したヘアカラーを一週間以上保つコツを試すと、色持ちがグッと長くなりますよ。

日々のケアをしながらお気に入りの髪色を長く楽しんじゃいましょう。

コメント