スポンサーリンク

毎熊克哉は演技下手で棒読み?代表作や出演作品で徹底検証

毎熊克哉は演技下手で棒読み?代表作や出演作品で徹底検証
Pocket

映画やドラマを見ていると、この人は誰なんだろうと気になる俳優さんがいますよね。

その中でも最近は、毎熊克哉さんがドラマ好きの主婦層から多く話題にあがっています。

男性的な魅力がある塩顔と、さまざまな出演作品での演技力が気になるポイントです。

代表作での姿や演技を見て、さらに魅力を感じて好きになる主婦が続出しました。

しかし一部で、毎熊克哉さんが棒読みで演技下手なのではないかという意見もあるようです。

本記事では、出演作品や代表作を調べていくことで、毎熊克哉さんが棒読みで演技下手なのかどうかを調査していきます。

 

毎熊克哉は演技下手で棒読み?

毎熊克哉さんは現在、大河ドラマの『光る君へ』に出演中です。

大河ドラマに出られるなら、演技が致命的に下手ということは無さそうですが、評価が気になりますよね。

今までの出演に対する、視聴者からの反応をまとめました。

  • 演技を見た瞬間、ウェブ検索をしてしまうほど印象に残った。
  • 演技だとわかっていても、こちらの感情が動くほど腹の立つ芝居がうまかった。
  • 意外にもコメディの演技がうまく、毎熊さんを好きになりました。
  • クズ親父の役など、絶妙に嫌な役がうまい。
  • 元となった人物が本当にいま生きているような、熱い演技に圧倒される。
  • 優しい役から嫌な役までこなす、幅ひろい演技力をもつ毎熊さんが大好き。

役の幅がひろく、見ている人を引き込むほどの演技力を高く評価されていました。

しかし、過去作をさかのぼると色んな意見を見かけましたので、次の項でまとめています。

 

毎熊克哉は演技下手なのか代表作や出演作品で徹底検証

さまざまな作品に出演していて、その度にまったく違うタイプの役を演じている毎熊克哉さん。

その変わりようが素晴らしく、カメレオン俳優と呼ばれることもあります。

現在は30代後半なので、話題作で認知されはじめた時期を考えると遅咲きの新人とも言えます。

では、過去の出演作品ではどのような演技を見せてくれたのでしょうか。

作品ごとにいろんな印象を与えたようなので、この先で悪い反応と良い反応を合わせて紹介していきます。

 

毎熊克哉の出演作品①ケンとカズ

東京国際映画祭の日本映画スプラッシュ部門で、作品賞を受賞したW主演映画です。

毎熊克哉さん自身の演技も高く評価され、毎日映画コンクールスポニチグランプリの新人賞、高崎映画祭最優秀新進男優賞、おおさかシネマフェスティバル2017新人男優賞を受賞しました。

悪い反応は無く、見た人には本物のヤンキーだと勘違いされてしまう演技力でした。

良い反応一例

  • ホンモノのあちらの方かと思った。
  • 彼の芝居には衝撃を受けた。
  • 難しい役だったはずなのに、ヤンキーをスカウトして鍛えあげて映画に出させたのかと思うほどうまかった。(世界の終わりからの映画監督による感想)
  • とにかく存在感がすごくて、いつまでも頭に彼の演技が焼きついて離れない。

 

毎熊克哉の出演作品②少年寅次郎

多くの日本国民に愛される『男はつらいよ』の主人公、寅次郎の過去をたどる物語です。

当時の江戸を襲う大空襲や、戦争に向かう父などの現実もありながら、主人公が育っていく姿は見る人の心を打ちました。

毎熊克哉さんは、寅次郎の存在が面白くないと感じるむずかしい父親の役を演じています。

悪い反応

  • 江戸弁が下手だったため、演技もうまく感じなかった。
  • 演技が単調だと思いました。

良い反応

  • 寅次郎に対するイヤな演技が印象的。
  • 本当にそういう人間なのかと腹が立ってくるほど演技がうまく、インパクト抜群。

 

毎熊克哉の出演作品③恋はつづくよどこまでも

佐藤健さんと上白石萌音さんの主演ドラマで、毎熊克哉さんはTBSの連ドラに初めてレギュラー出演しました。

ドSの魔王と対になる、魔法使いと呼ばれる優しいお医者さんの役に挑戦しています。

ヤンキーやパワハラ父親とは真逆のキャラクターですが、見事に演じて視聴者の関心を集めました。

悪い反応は「佐藤健さんに対するライバルにしては、演技も顔も弱い。」といったものです。

仮面ライダー俳優から躍進し、国民的イケメン俳優として知られる佐藤健さんのカリスマ性を感じました。

主演の二人を盛り上げるライバルという立ち位置なので、ドラマに夢中になっている方からは邪魔な存在と思われても仕方ないかもしれません。

「渋い声と落ち着いた雰囲気がよかった。」という良い反応もあります。

 

毎熊克哉の出演作品④彼女たちの犯罪

不倫、偽装殺人などむずかしい題材で、じっとりと見る人の心に染みるドラマです。

話数を重ねるごとに、どんどん重くなっていく謎がクセになる話題作でした。

毎熊克哉さんは、主人公をだまして嫁を不幸にするどうしようもない人間を演じています。

前田敦子さんの悲壮感ある姿を引き立てるために重要な役で、見事にやりとげていました。

女性の心を乱す、どうしようもないクズ男の姿は、視聴者を本気でイライラさせているのですごい演技力です。

毎熊克哉さんに対する、棒読みだという意見はこのドラマに対する感想ではじめて見かけました。

 

毎熊克哉の出演作品⑤セクシー田中さん

原作者の芦原妃名子さんに、お悔やみ申し上げます。

2023年の冬ドラで話題となった、木南晴夏さんが主演の明るい二面性ドラマです。

毎熊克哉さんは、ステータスは良いのにモテない、女性に対する偏見をもつ男性として登場しました。

主人公に対し失礼な発言をしたりしますが、ストーリーが進むといいところも見えてきて憎めない役です。

悪い反応

  • このドラマは皆さんの演技がよくて、それゆえに毎熊さんの棒読みが気になった。
  • 無神経な役だけど、それを払拭するほど真面目で一生懸命なところを出すべきキャラだと思うのに、毎熊さんの芝居ではそこが足りない。

良い反応

  • デリカシーがない部分と、人を思いやる部分の二面性を共存させていてすごい。

 

毎熊克哉の演技の評価は?

毎熊克哉さんの代表作と共に反応をまとめましたが、いかがだったでしょうか。

この代表作をみるだけでも役の振り幅が広く、まさにカメレオン俳優というのにふさわしいでしょう。

なかには棒読みと言われてしまう出演作品もありましたが、難しい役どころも多かったと思います。

遅咲きの新人と呼ばれ、これからどんどん出演作が増えると思いますので、現時点で演技下手な俳優と決めつけてしまうのは早いかもしれませんね。

 

まとめ

本記事では、毎熊克哉さんのさまざまな代表作とともに、棒読みで演技下手なのかどうかを調査しました。

多くの作品で高い演技力をみせてくれる毎熊克哉さんの、ほかの出演作品も気になりますね。

令和の塩顔俳優として、いろんな番組に出てくれるかもしれないので楽しみです。

新しいドラマではクズ男役で主演が決まっていますし、今後の出演作品も見逃せません。

棒読み俳優と言われると、出演作品を見るのにあまり気乗りしないですよね。

毎熊克哉さんが演技下手かどうか、代表作をまとめたこの記事が判断材料になると思います。

コメント