スポンサーリンク

レヴィアのカラコンが痛いのは不良品?安全なのかワンデーと1ヶ月の口コミを調査

レヴィアのカラコンが痛いのは不良品?安全なのかワンデーと1ヶ月の口コミを調査
Pocket

タレントのローラさんがイメージモデルを務めている「レヴィア(ReVIA)」といえば、カラコンの人気定番ブランドの一つです。

レヴィアのカラコンは裸眼感があって自然な仕上がりになりますので、学校や会社にも付けていけるという感想がよく聞かれます。

それと同時に、「付けると痛い」「不良品ではないか?」などの口コミを見かけることがあり、安全性が気になるところですね。

ワンデーと1ヶ月のどちらを購入しようか悩むという方は、その違いについても知りたいのではないでしょうか。

そこで今回は、レヴィアのカラコンについて、付けると痛いのは不良品なのかどうかをはじめ、安全性やワンデーと1ヶ月それぞれの口コミについても調査していきます。

是非最後までご覧くださいね!


レヴィアのカラコンが痛いのは不良品?

レヴィアのカラコンを使用した方の中からは、「痛い」「目がゴロゴロする」という声が上がることもあります。

これを見て、不良品なのではないかと心配になった方もいるのではないでしょうか。

結論から言うと、不良品ということではないと思います。

中には明らかな欠陥品が混在していて返品交換したということもありますが、基本的には目のコンディションや間違った付け方で、痛みやゴロゴロ感が出ていることも多いです。

そもそもコンタクトレンズには材料であるプラスチックの酸素を通す能力を数値化した「酸素透過率」というものがあります。

目の健康を保つためには少なくても24.1(Dk⁄L値)以上必要と言われていますが、レヴィアのカラコンは酸素透過率は24.5(Dk⁄L値)ですので、問題ない数値です。

カラコン自体に問題がない場合は、単純に目のコンディションによって合わないパターンや、付け方が間違っている可能性もあります。

 

レヴィアのカラコンが痛い理由は?

具体的にはどのような理由で目が痛くなるのか気になりますよね。

カラコンを付けた時の痛みの理由を以下のようにピックアップしてみました。

  • ドライアイだから
  • レンズの大きさが合ってない
  • 裏表が逆になっている
  • 目にゴミやまつ毛が入っている

これらの理由を詳しく見ていきましょう。

 

カラコンで目が痛くなる理由①ドライアイだから

目を守るために欠かせない涙の量が少ないドライアイの場合、カラコンを付けると痛みを感じることがあります。

目の乾燥によってレンズのずれが発生しやすくなったり、目に傷がつきやすくなるのが原因です。

レヴィアでも販売されているドライアイにもおすすめの「低含水レンズ」であれば、目の水分が奪われにくくて付けやすいですよ。

ただし、ドライアイが酷い場合は眼下の受診もおすすめします。

 

カラコンで目が痛くなる理由②レンズの大きさが合ってない

カラコンのレンズが大きすぎると角膜の呼吸を遮ってしまうため、目の酸素が不足してしまう可能性があります。

それにより目に違和感が出てしまうことになります。

自分の目に合った大きさを選ぶのがポイントですね。

 

カラコンで目が痛くなる理由③裏表が逆になっている

カラコンの裏と表を間違えて付けると痛みやゴロゴロ感が出ることがあります。

裏表が違うと、ズレやすさによる摩擦で刺激を受けたり、目が傷ついてしまうのが原因です。

付ける前にしっかりと裏表を確認し、装着後に違和感があればすぐに外して目を休めましょう。

 

カラコンで目が痛くなる理由④目にゴミやまつ毛が入っている

ゴミやまつ毛などの異物が目に混入していると、カラコンを装着したときに痛みやゴロゴロ感が出てしまいます。

この場合は違和感を放置しないですぐにカラコンを外し、目やコンタクトを洗浄してから付け直しましょう。

そのまま放置しておくと目を傷つけてしまうかもしれませんので注意してくださいね。

 

カラコンの失敗しない付け方のコツは?

ここではカラコンの失敗しない付け方のコツを紹介します。

カラコンを付けるといつもゴロゴロ感や痛みがあるという方は、参考にしてみてくださいね!

 

失敗しない付け方①爪の長さや目の状態を確認する

爪が長いとコンタクトを傷つけてしまう可能性があり、その傷が装着時の痛みに繋がることもあります。

また目ヤニや目の充血や痛みなど、目の異常がないかも重要です。

目に違和感がある場合は、カラコンを付けないで眼下を受診してくださいね。

 

失敗しない付け方②手指を消毒し、レンズをチェック

手を清潔にして水分をしっかり拭き取ったら、レンズのチェックを忘れないようにしましょう。

この時に、裏表の確認の他、レンズに欠陥がないかどうかもしっかり見ておきましょう。

欠陥に気づかず装着すると、目に痛みを感じたり傷をつけてしまう可能性もあります。

 

失敗しない付け方③目を大きく開いて黒目にレンズを乗せる

上まつ毛が上向きになるで指でしっかりまぶたを開かせて、レンズを装着する黒目をはっきりと露出させることがポイントです。

装着時にしっかり前を見て黒目を正面に向かせるようにしていないと、レンズが黒目に乗っても外れやすくなってしまうので注意してください。

黒目の上に静かにレンズを乗せたら、ズレていないことを確認してからゆっくり指を離しましょう。


レヴィアのカラコンは安全なのかワンデーと1ヶ月の口コミを調査

ここでは実際の口コミを元に、レヴィアのカラコンの安全性やワンデーと1ヶ月の違いについても調査していきたいと思います。

まず安全性ですが、付け心地の良さについての高評価が圧倒的に多く、ネガティブな意見はあまり見られなかったことから、安全性についても問題ないと思われます

ドライアイだがあまり乾燥しなかったという口コミも見られましたので、カラコンとしてのクオリティは高いのではないでしょうか。

ワンデーと1ヶ月の使用感ですが、ワンデーを普段使っている方が1ヶ月を使うと、多少違和感があるとのレビューが数は多くないですが見られます。

ですが逆に普段1ヶ月タイプを使っている方がワンデーを使っても使用感にネガティブな意見は見られませんでした。

以下では、違いについて詳しく調査していきます。

 

レヴィアのカラコンワンデーと1ヶ月どちらを購入したらいい?

まずレヴィアのワンデーと1ヶ月は同じレンズ名でも着色やレンズデザイン、使用感などが違ってきます。

それぞれ別の工場で製造しているということですのでそうなってしまうのでしょうね。

上でも記載しましたが、口コミを元にするとワンデーの方が装着感が良いという意見が多いです。

そして使用感以上に大きな違いと言えば価格面です。

ワンデータイプは1ヶ月タイプの数倍の値段になってきますので、自分が使用感を求めるのか、もしくはコストを重視しているのかで購入タイプを決めると良いでしょう。

もしお財布に余裕があって付け心地を重視する場合は、ワンデータイプを購入しておけば間違いはなさそうです。

もしくは両タイプ購入して、シーンに合わせて使い分けをするのも良いかもしれません。

もちろん、ワンデーよりも1ヶ月の方が装着感がしっくりきたという意見も少なくありませんので、実際に使ってみて自分に合った方を選ぶのが一番良さそうです。


まとめ

今回は人気定番ブランド「レヴィア」のカラコンについて安全性や口コミも含めてご紹介しました。

カラコンを付けると痛い場合は不良品なのではないかと心配になりますよね。

レヴィアのカラコンを付けて痛い経験をした人は、なぜ痛いのか理由を調べてみることをおすすめします。

また、ワンデーと1ヶ月どちらを購入しようか迷っている方も、口コミなどで違いを調べてから検討してみてくださいね。

皆さんが安全にレヴィアのカラコンを楽しめることを願っています。

最後までお読みいただきありがとうございました!

コメント