スポンサーリンク

CLAMP展チケットの取り方や値段は?予約なしで当日券はある?

CLAMP展チケットの取り方や値段は?予約なしで当日券はある?
Pocket

多くの独創的な作品を世に送り出してきた漫画家集団「CLAMP」の大規模な原画展が、2024年に開催されることが決定しました。

そのCLAMP展ではデビューから現在までの漫画原稿を中心に展示が予定されているということで、ファンの皆さんからは歓喜の声が上がっています。

『魔法騎士レイアース』や『カードキャプターさくら』などアニメ化された作品も多く、たくさんのファンをもつCLAMPですので、原画展も大盛況になること間違いなしです。

チケットの取り方や予約の仕方も気になりますし、予約なしでも当日券で入れるのかどうかも知っておきたいポイントですよね。

会場が国内最大級の美術館である「国立新美術館」ということで、チケットの値段も気になるところです。

そこで今回は2024年に予定されているCLAMP展について、チケットの値段や取り方をはじめ、予約なしでも当日券で入れるのかどうか調査していきます。

 

CLAMP展チケットの取り方や値段は?

CLAMP展は2024年7月3日(水)〜9月23日(月)まで東京・六本木の国立新美術館で開催されます。

チケットの取り方や値段については2023年12月26日現在、まだ発表はありません。

過去に同じ会場で開催された展覧会の情報を元にすると、CLAMP展のチケットは一般料金で1,500円~2,500円ほどになるのではないかと予想します。

展覧会によって値段にかなり差があるというのが現状です。

またチケットの取り方ですが、取り扱う可能性があるのは以下の場所です。

  • 国立新美術館(現地)
  • チケットぴあやローチケなどのプレイガイド

CLAMP展はどのようなチケットの販売方法になるかまだわかりませんが、展覧会によっては先行販売などが行われる可能性もあります。

先行販売ではチケットがお得に購入できることもありますので、公式からの発表を逃さないように気を付けたいですね。

また、展覧会によってはグッズ付きのチケットが用意されるとこもありますよ。

まだCLAMP展の詳細がわかりませんので、参考に国立新美術館で過去に行われた展覧会についても紹介していきたいと思います。

是非チェックしてくださいね。

 

過去の展覧会チケットの値段や取り方を紹介

ここでは国立新美術館でこれまでに行われた展覧会について、チケット情報などを紹介していきます。

最近開催された展覧会をいくつかピックアップしてチケットの値段を調べました。

開催期間 展覧会名称 チケット値段(前売り料金)
2023年9月20日
~2023年12月11日
イヴ・サンローラン展 一般:2,300円(2,100円)
大学生:1,500円(1,300円)
高校生:900円(700円)
2023年7月12日
~2023年10月2日
テート美術館展 一般:2,200円
大学生:1,400円
高校生:1,000円
2023年3月1日
~2023年6月12日
ルーヴル美術館展 一般:2,100円
大学生:1,400円
高校生:1,000円
2022年6月29日
~2022年9月26日
ルートヴィヒ美術館展 一般:2,000円
大学生:1,200円
高校生:800円
2022年3月2日
~2022年5月23日
ダミアン・ハースト 桜 一般:1,500円
大学生:1,200円
高校生:600円

上記の他にも、CLAMP展と同じく漫画やアニメに関係がある展覧会について下記でピックアップしました。

  • 2021年開催「庵野秀明展」
  • 2018年開催「荒木飛呂彦原画展」

これからチケットの詳細が出るまでの参考にしてくださいね。

 

2021年開催「庵野秀明展」のチケット予約情報

『新世紀エヴァンゲリオン』シリーズや『シン・ゴジラ』などの監督で有名な庵野秀明さんの展示会が2021年10月1日~2021年12月19日に開催されました。

展示物が非常に多い展覧会で、実際に行った方の中には隅々まで見て回るのに3時間は必要という声もありました。

■チケットの値段

一般 2,100円
大学生 1,400円
高校生 1,000円

チケットは事前予約制で日時指定券の販売が導入されていました。

■チケット予約販売場所

ローチケ、日テレゼロチケ、あさチケなど

チケットの予約はインターネットによる販売のみで、電話等での予約は不可でした。

 

2018年開催「荒木飛呂彦原画展」のチケット予約情報

漫画家、荒木飛呂彦さんの『ジョジョの奇妙な冒険』の原画展が2018年8月24日~2018年10月1日に開催されていました。

それ以前にもいろいろな場所で開催されていたジョジョ展ですが、2018年の展示会はその集大成ともなるもので、大きな話題になっていましたね。

■チケットの値段

一般 1,600円(1,400円)
大学生 1,200円(1,000円)
高校生 800円(600円)

カッコ()内は前売りのチケット値段です。

完全日時指定の予約制で、チケットは各回予定枚数に達し次第終了でした。

■チケット予約販売場所

ローチケ

チケットの予約はローチケサイト、ローソンやミニストップ店頭のLoppi、電話の3通りの方法で可能でした。

 

CLAMP展予約なしで当日券はあるかも調査

これまで紹介した過去の展覧会と同じようにCLAMP展でも予約制が導入される可能性はあります。

その場合、予約なしでも入れる当日券はあるのかどうかも気になりますね。

行きたい日に予約が取れなかった場合に当日現地に行っても入れるのかどうかや、予約をしていないけど急遽行ける日ができたときなどに、当日券があれば嬉しいものです。

CLAMP展ではどうなるかわかりませんが、上で紹介した「庵野秀明展」や「荒木飛呂彦原画展」では当日券はありました。

ただし、予約の時点で予定枚数が終了していれば当日券はありませんでした。

当日券がある場合は国立新美術館の特設チケットカウンターで、開館時間となる10時から販売されていました。

CLAMP展でも当日券があるかどうか、公式からの発表が待ち遠しいですね。

 

CLAMP展全国巡回はある?

現在発表されているCLAMP展の情報は2024年の国立新劇場のみですので、現地に行くことができなくて悔しい思いをされているファンの方もいるのではないでしょうか。

ですが人気のある展覧会はその後他の地域でも開催される可能性があるので、まだ諦めないでくださいね。

上で紹介した「庵野秀明展」や「荒木飛呂彦原画展」は、どちらもその後全国を巡回して開催されています。

CLAMPはトップクラスに知名度のある非常に人気の高い漫画家集団ですので、全国巡回して開催される可能性はあると思います。

公式からの発表を逃さないように公式のSNSをフォローしておくと安心ですね。

 

CLAMP展の会場も紹介!

CLAMP展が開催される国立新美術館の情報もご紹介します。

住所:〒106-8558 東京都港区六本木7丁目22-2

開館時間:10時~18時

休館日:火曜日

電車
東京メトロ千代田線 乃木坂駅(美術館直結)
東京メトロ日比谷線 六本木駅(徒歩約5分)
都営地下鉄大江戸線 六本木駅(徒歩約4分)

バス
都営バス 六本木駅前下車(徒歩約7分)
都営バス 青山斎場下車(徒歩約5分)
港区コミュニティバス「ちぃばす」赤坂循環ルート 六本木七丁目下車(徒歩約4分)

美術館には専用の駐車場はありませんので、公共交通機関を利用するか、周辺の有料駐車場をリサーチしておく必要があります。

 

まとめ

今回は2024年に国立新劇場で開催予定のCLAMP展について、チケットの取り方や値段、当日券の有無や予約情報などをご紹介しました。

CLAMPのデビュー以降の作品を振り返ることができるということで、ファンにとっては絶対に見逃せないイベントになりそうです。

これまで様々な展覧会を開催してきたCLAMPですが、来年はCLAMP史上最も大規模な展覧会になりそうですので、万全の準備をしておきたいですね。

チケットが取れるかどうか心配な方も多いと思いますので、取り方や値段をしっかり頭に入れてCLAMP展に備えておいてくださいね。

予約が取れなかった場合や、急遽行けるようになったときのために、予約なしで当日券もあるのかどうかもチェックしておきましょう。

最後までお読みいただきありがとうございました!

コメント