スポンサーリンク

エンドレスショック2024座席いつわかる?座席表別に見え方や楽しみ方も紹介

エンドレスショック2024座席いつわかる?座席表別に見え方や楽しみ方も紹介
Pocket

24年もの間、堂本光一さんが単独主演を続けてきたミュージカル「エンドレスショック」が今年で幕を閉じることになりました。

帝国劇場の休館に合わせた閉幕でありますが、とても寂しいですね。

ファンの方のみならず、集大成となる2024年こそは絶対に観に行きたい!という方もたくさんいらっしゃると思います。

そして観に行くからには、座席がいつわかるのか気になるところ。

また、座席表別に見え方であったり楽しみ方を分かっておけば、何も知らずに行くより何倍も楽しめるかもしれません。

今回は、エンドレスショック2024の座席はいつわかるのか、そして座席表別に見え方や楽しみ方も紹介していきます。

 

エンドレスショック2024座席いつわかる?

日本一チケットが取れないと言われているミュージカル「エンドレスショック」、その倍率はかなりのものです。

そんなチケットが当選したら、かなり嬉しいですね。

そして当選後に気になることはやはり、どの座席になっているのかということですよね。

いつ座席が分かるかは、チケットの種類によって違ってきます。

例年通りいくと「エンドレスショック」のチケットは、電子チケット(デジタルチケット)と紙チケットの2種類あります。

それぞれのチケットの席がわかるタイミングを確認していきましょう!

 

電子チケット(デジタルチケット)

電子チケットとは、スマホやタブレットなどにチケットをデータ化したもので、それを提示して入場できます。

電子チケットは、公演の2.3日前にQRコードを表示できますが、座席は表示されないようです。

座席が分かるのは、当日係員にQRコードを提示し、機械に読み込んでからになります。

つまり、当日会場に行くまでどの座席か分からないということになります。

それなら電子チケットにしなければいいのでは?という考えになりますが、会場によってチケットの指定があります。

帝国劇場では電子チケットを導入しているため、今回も電子チケットになることが予想されます。

 

紙チケット

紙チケットは、ファンクラブに登録されている住所に簡易書留で送られてきます。

公演前のおおよそ1か月前か1週間前には届くようですが、最近は転売防止のため1週間前などギリギリが多いようですね。

紙チケットには自分の名前や公演日時、そして座席が書かれています!

紙チケットの場合は、手元に届いた時点で座席が分かりますね。

大阪の梅田芸術劇場と福岡の博多座公演では紙チケットが導入されているようなので、今年もそうなると思われます。

 

エンドレスショック2024座席表別に見え方や楽しみ方も紹介

当選したからには名一杯楽しみたいですよね。

今年のエンドレスショックは、全国ツアーとなり帝国劇場・梅田芸術劇場・博多座で上演されます。

今回は、2024年4~5月と11月に上演される帝国劇場のいろんな座席からどのように見えるのか調べてみたいと思います!

帝国劇場の座席数は、1,826席あり一般的にはS席・A席・B席の3種類ですが、今回のエンドレスショックは、S席・A席の2種類になります。

  • S席13,500円(税込)、1階席全てと2階席8列目まで
  • A席9,000円(税込)、2階席9列目~最後尾

S席とA席で金額も5,000円弱違いますし、ほとんどS席なのでS席でも位置によっては見え方がかなり違ってくると思われます。

1階と2階でもどのように見えるのか気になりますね。

これからはどのように見えるのか検証していきます。

 

①エンドレスショックS席1階前方の見え方

1階の最前列ということもあり、出演者が至近距離に感じられそうですね。

この距離ですと、出演者の表情はもちろん、生の声も聞こえるようです!

より出演者の息遣いや細かい動きを感じられる最高峰の座席ですね。

 

②エンドレスショックS席1階後方の見え方

1階の後方になるとキャパのある帝国劇場なのでS席でもステージが遠く感じますね。

座席は前列の人とかぶらないよう交互に組まれているようですが、段差がないため少し人の頭が気になる感じではあります。

オペラグラスを準備して、舞台から遠くでも俳優さんの表情や細かい動きを観れるようにしておくといいですね。

 

③エンドレスショックS席2階の見え方

S席2階は前に遮るものが何もないため、とても見晴らしがいいですね。

また、エンドレスショックでは堂本光一さんの「フライング」が目玉ですよね!

そのフライングの演目で堂本光一さんが2階席の目の前にくるようです!

その接近に思わずのけぞってしまうほどだそうです。

 

④エンドレスショックA席の見え方

A席は2階席の後方になりますが、会場全体を見まわせる位置になりますね。

「5分に1回は観客を驚かせる」といわれているエンドレスショックの演目を全て余すことなく感じられる席になること間違いなしです。

舞台から遠い席でも、数々の演目に圧倒されることでしょう。

 

まとめ

今回は、エンドレスショック2024の座席はいつわかるのか、そして座席表別に見え方や楽しみ方も紹介してみました。

2024年が最後の舞台になるということで、今まで以上にかなりの注目を集めている「エンドレスショック」。

チケットが当選したら、座席がいつわかるのかとても気になりますよね。

そして、事前に座席表別にどんな見え方をするのか楽しみ方も知っておけばより楽しめること間違いなしです。

皆さんが良い席に当たるよう幸運をお祈りいたします!

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

コメント