スポンサーリンク

玉山鉄二の現在が太った劣化した理由はなぜ?若い頃の画像と徹底比較

玉山鉄二の現在が太った劣化した理由はなぜ?若い頃の画像と徹底比較
Pocket

現在放送中のドラマ『さよならマエストロ』に出演中の玉山鉄二さんの現在が太った劣化した?と話題になっています。

玉山鉄二さんと言えば、戦隊シリーズや朝ドラで人気のイケメン俳優ですが、一体どうしてそんなに変わってしまったのか、理由がなぜなのか気になるところです。

年齢と共に太ってしまうのはよくある話ですが、若い頃の画像と比較すると、どれくらい顔も変わったのかよく分かりますよね。

この記事では、玉山鉄二さんの現在が太った劣化した理由はなぜなのか、若い頃の画像と徹底比較していきます!

 

玉山鉄二の現在が太った劣化した理由はなぜ?

こちらは『BOSSシリーズ』に出演していたころで、当時29歳の玉山鉄二さんです。

背広の似合う男らしい出で立ちの中にも、どこか愛嬌のある笑顔が魅力のイケメン俳優さんです。

そんな玉山鉄二さんが太った、顔変わったと言われる理由は4つあります。

  • 病気のせい
  • 役作り
  • 年齢によるもの
  • 幸せ太り

病気のせいで顔が変わったのだとしたら色々と心配になりますが、幸せ太りならいいのかな?なんて思ってしまいますね。

それではそれぞれの理由を詳しく見ていきましょう!

 

理由①病気のせい

玉山鉄二さんは2023年に公開された映画『亜人』撮影中に「逆流性食道炎」になったことを告白したことがありました。

このことから一部では玉山鉄二さんが病気とウワサになっていたんです。

ただ、このように病気になってしまったのは、映画の撮影に向けて体重を10kg減らしたことが原因と語られています。

その後も多くのドラマや映画で活躍する玉山鉄二さんですが、健康状態も問題があるように見えないので病気のせいと言うのはデマの可能性が高そうです。

 

理由②役作り

俳優さんが役作りのために体重を落としたり、逆に太ったり、または肉体改造して筋肉をつけたりと言う話はよく聞きますよね。

逆流性食道炎になってしまった際には、玉山鉄二さんは役作りのために体重を10kgも落として撮影に臨まれたそうです。

イケメン役だけを演じるわけではなく色々な役柄を演じる玉山鉄二さんなので、現在出演しているドラマや映画の撮影に合わせて体重を増やしている可能性もありますね。

 

理由③年齢によるもの

人間歳を取ると太りやすくなったり、老けて顔が変わったり…なんてことは当たり前ですよね。

玉山鉄二さんが芸能界入りするきっかけは、高校生の頃に雑誌のモデルに応募したところから始まります。

2001年、玉山鉄二さんは21歳の時に戦隊シリーズの『百獣戦隊ガオレンジャー』でガオシルバー役で出演し、そのイケメンっぷりが話題でした。

そんな玉山鉄二さんも2023年現在43歳なので、年齢による体の変化は仕方ないのかなと思います。

改めてプロフィールを確認していきましょう。

  • 生年月日:1980年4月7日(43歳)
  • 出身地:京都府京都市伏見区
  • 身長 182㎝
  • 体重:70kg
  • 血液型:O型

10代、20代の頃のスラっとした玉山鉄二さんのイメージを持っていると、70kgと言われる今は太っていると感じるのかもしれません。

182cmで70kgは標準体重で決して太っているわけではなく、健康的な体型なんですよね。

 

理由④幸せ太り

玉山鉄二さんは2012年に一般女性と結婚されました。

結婚し家庭を持ってから、玉山鉄二さんが太ったなどのウワサがありますが、それが本当ならとてもお料理がお上手な素敵な奥さんなんでしょうね。

玉山鉄二さんが若い頃よりも太ったのは「幸せ太り」なのかもしれませんね!

続いては、いつ頃から玉山鉄二さんの顔が変わったのか、過去と現在の顔を徹底比較していきます。

>>玉山鉄二の奥さんの写真はある?結婚相手はハンヒョジュなのか調査

 

玉山鉄二の現在がどれくらい太ったのか若い頃の画像と徹底比較

顔が変わったと噂の玉山鉄二さんですが、過去作においてそのイケメンっぷりが見て取れる、代表作の出演画像と、現在出演中ドラマの画像を徹底比較していきます。

いつ頃から顔が変わったかを分かりやすいように、当時の年齢と役名も合わせて解説していきます。

20代前半の頃の出演作もチェックしていますので、玉山鉄二さんのイケメンっぷりもぜひご堪能下さい。

過去作を見直すことで、改めて玉山鉄二さんの幅広い演技が日本ドラマ界を盛り上げてくれていたかが分かる内容にもなっています。

それでは、一体いつ頃から、玉山鉄二さんの顔は変化していったのか、昔の出演作から見ていきましょう。

 

百獣戦隊ガオレンジャー(2001年)/大神月磨/ガオシルバー役<当時21歳>

昔の地上デジタル放送に切り替わる前のテレビ映像でも、このイケメンっぷりは国宝級とも言えます。

当時の戦隊ものは、子供からも絶大な人気がありましたが、ママさん方もイケメン俳優お目当てでテレビに釘付けでしたね。

この頃は、現在の知的でクールなイメージが根付く前で、若々しい端正な顔立ちが特に売りの状態の俳優さんでした。

そんな中人気特撮ヒーロー役に抜擢されて、世のママさん世代から絶大な人気を博し、大ブレイクを果たしました。

まだ、20代前半の玉山鉄二さんで、特にイケメン要素が前面に出ており、私たちの持つ玉山鉄二さんの若かりし頃のイメージとしてマッチしていますね。

 

離婚弁護士(2004年)/本多大介役<当時24歳>

離婚弁護士シリーズでは、天海祐希さん演じる敏腕弁護士のもとで、弁護士を志し奮闘する青年役を演じていました。

クールなイメージの根強い玉山鉄二さんですが、この時は熱血で情熱ある若者役を演じていたようです。

後の『BOSS』シリーズでは、天海祐希さんの信頼できる部下役として一世を風靡しましたが、その前にも共演経験があったのですね。

『BOSS』シリーズとは打って変わり、知的な印象とは違った配役ですが、当時24歳で、画像を見ても全然太ってもいませんし、戦隊ものから出てきた話題の若手イケメン俳優といった印象でしょうか。

いずれにせよ、まだ若々しく老けた印象を持たれる方はいないと思いますので、しっかり比較対象として記憶しておいてさいね。

>>離婚弁護士ドラマ相関図とキャスト一覧!脇役も全員年齢と顔画像付きで紹介

 

BOSS(2009年)/片桐琢磨役<当時29歳>

言わずもがな『BOSS』シリーズに出演時の玉山鉄二さんの画像です。

多くの人は、こちらの片桐琢磨役を演じる玉山鉄二さんの印象が強いのではないでしょうか?

冷静沈着ながらも、仕事に熱心で思いやりのある中堅刑事役として天海祐希さんとのコンビネーションも抜群でした。

玉山鉄二さんのイメージの大部分を占める、この『BOSS』シリーズでの画像ですが、やはり、スマートで知的な印象の役柄とドラマの人気が相まって、印象に残っている方が多いのではと思います。

玉山鉄二さんはこの片桐琢磨役を演じ切り、一気に実力派イケメン俳優としての階段を登っていきました。

おそらく玉山鉄二さんの顔が変わったというのは、この時の顔をイメージされてのことだと思いますので、下記の比較画像もこの時を思い出しながら比較して見てくださいね。

 

連続テレビ小説マッサン(2014年)/亀山政春役<当時34歳>

日本のウイスキーの父とも呼ばれる竹鶴政孝をモデルにした人気の朝ドラ『マッサン』。

日本にウイスキーを広めるため、スコットランド人の妻と奮闘する物語で、情熱的でちょっとおちゃめな性格の主人公を演じました。

クールな刑事役から一転して、このように幅広い役をこなせるあたりが、イケメンというだけでなく実力派と言われる所以であり人気の理由です。

この時もまだ34歳で、老け込むにはまだ早く、イメージ違いの役どころでしたが、しっかりと朝の顔としてその端正な顔立ちをお茶の間に届けてくれていました。

この時はまったく太った印象はなく、役柄のギャップはあるものの、今までのイケメンっぷりは健在で、大人気活躍中の一番脂がのっている時期だったのではないでしょうか。

 

犯罪症候群(2017年)/武藤隆役<当時37歳>

妹を事件で失った元刑事で、探偵事務所の調査員役を演じる玉山鉄二さんです。

『BOSS』シリーズを彷彿させる配役がマッチしていて、玉山鉄二さんらしいクールな演技がとても自然で、当時話題になったドラマですね。

あの『BOSS』シリーズから、かれこれ8年経過しており、若干老け込んできたような印象が見えてきましたね。

この頃から印象の変わってきた様子の玉山鉄二さんですが、今回はイメージ通りの配役でトレードマークの髭も復活し、熟年のカッコよさが際立ちとても素敵ですね。

太った?というよりかは、お年を召したといった感じで、まだ顔が変わったというほどではないようにも思えます。

そろそろ玉山鉄二さんの顔にも大きな変化がみられるのではないでしょうか?

 

バカボンのパパよりバカなパパ(2018年)/赤塚不二夫役<当時38歳>

バカボンの生みの親、赤塚不二夫役を演じた玉山鉄二さん。

これまで、戦隊ヒーローや刑事、探偵役と二枚目どころを演じてクールな配役が多い印象でしたが、打って変わって破天荒なギャグ要素満載の役に挑戦しました。

イメージにない役どころですが、しっかり生前の赤塚不二夫さんを彷彿させるようなコミカルな演技が様になっています。

この頃から、若干太ってきたような感じもあり、年齢を重ねたことも相まって顔も変わったように見受けられますが、カッコよさは相変わらずで視聴者の心を離しませんでした。

今までにイメージのない配役から見ても、やはり顔の変化が影響してのイメージ転換なのでしょうかと疑問が生まれますね。

 

CODE-願いの代償-(2023年)/市川省吾役<当時43歳>

2023年に放送された大人気ドラマ『CODE-願いの代償-』に出演した際の玉山鉄二さんです。

こうやって比較してみると、やはり太って顔が変わった様子が否めないですね。

ですが、役者としてはさすがの一級品で、 難しい役どころをしっかり演じ切っています。

昔からのイメージを知っている人から見たらちょっと印象が違うように見えますが、太ってもイケメンはイケメンです。

今回の役柄ですが、特にこのくらい恰幅が良い方が役にマッチするとも言えますので、もしかしたら役作りのための肉体改造なのかもしれません。

役者さんで、その役柄に合わせて体形を変えることは、とてもプロ意識があっていいことですが、体調には十分気を付けながら頑張ってもらいたいですね。

これからもどんな役柄を演じるか、より楽しみになる俳優さんですね。

 

さよならマエストロ(2024年)/古谷悟史役<現在43歳>

2024年 1月14日から放送スタートした『さよならマエストロ』に出演中の玉山鉄二さん。

顔が変わり過ぎていて、聞いたことがある声だけど本当に玉山鉄二さん?!と驚いた方も多いのではないでしょうか。

イケメンを封印したかのような見た目で役作りでこんなにも変わるのかと驚きですね!

冬ドラマの中でも注目の作品になりそうです!

>>さよならマエストロのキャスト相関図と一覧!脇役も役柄と顔画像付きで紹介

 

まとめ

この記事では、玉山鉄二さんの現在が太った劣化した理由はなぜなのか、若い頃の画像と比較検証してきましたがいかがでしたでしょうか?

劣化したなんて声もありますが、画像で見て検証して、色々な変化は感じましたが、若い頃もイケメン、現在もイケメンで満場一致ではないでしょうか?

熟年期を迎えた現在の玉山鉄二さんも、その端正な顔立ちと長年培った演技力で、今後もドラマや映画で日本の役者界隈を席巻していくこと間違いなしです。

玉山鉄二さんは太っても顔が変わったとしても、理由は何であれ、これからますます活躍してレジェンド俳優への一途をたどっています。

これからも注目していきたい俳優さんの一人ですね。

 

コメント