スポンサーリンク

小牧基地航空祭2024ブルーインパルスが見える場所はどこ?展示飛行や前日予行は何時から?

小牧基地航空祭2024ブルーインパルスが見える場所はどこ?展示飛行や前日予行は何時から?
Pocket

戦闘機や航空自衛隊ファンの皆さん、そして航空祭を楽しみにしている皆さん2024年になりましたね!

やはり気になるのは小牧基地航空祭2024ブルーインパルスの話題ではないでしょうか?

航空祭の花形のブルーインパルスは、毎年航空祭の大目玉になっており、ブルーインパルスを見るために朝から小松基地前に並ぶ方がたくさんいます。

前日には予行練習とも言える事前飛行訓練があるためどこで事前飛行が行われるのか、事前飛行が見える場所も気になるところです。

当日の展示飛行も基地内外に関わらず、「ブルーインパルスを観たい!」という方はしっかりと見える場所については気になるところだと思います。

今回は、小牧基地航空祭2024ブルーインパルスが見える場所はどこ?展示飛行や前日予行は何時から?について調査しました!

 

小牧基地航空祭2024ブルーインパルスが見える場所はどこ?

ブルーインパルスを見たいのであれば、小松基地の滑走路やその近辺の展望台や運動公園などの見晴らしの良い場所で観覧するのがおすすめです。

ブルーインパルスの展示飛行の見どころの一つに、アクロバット飛行と色とりどりのスモークで描かれる飛行機雲を見たいという方は多いはずですよね。

では小松基地航空祭のメインイベントとも言えるブルーインパルスの展示飛行ですが、基地外の施設でおすすめの場所はどこなのでしょうか。

ということで基地外でもよく見える場所5つをピックアップしました。

 

1.小松空港展望デッキ

小松空港3階にある展望デッキは正面に小松基地がはっきりと見える位置にあり、航空祭には空港の来場者以外も多くの来場者が訪れます。

小松空港と小松基地は滑走路も共有しているため、基地の有料席の予約は取れなかったし眺めの良い場所から飛行を観たいという方にはオススメです!

空港を利用することで嬉しいのは、小松空港のお土産屋さんには何点か小松基地土産も取り扱っていますので遠方からの来場した場合はお土産にも困りません。

レストランやカフェを利用することもできるので時間を持て余すということは少ないですね!

ただし、ネックな問題として駐車場問題があります。

小松空港の駐車場は当日の飛行搭乗券が必要で、見学の場合は有料駐車場を利用するもしくは公共交通機関を利用する必要があります。

自家用車の場合もかなりの混雑が予想されます。

近隣にお住まいの方は徒歩や自転車を利用した方が早く到着できます。

 

2.スカイパークこまつ翼

「自家用車で行くから駐車場は広い方が良い」という方にはスカイパークこまつ翼もとても良い眺めで航空祭を観覧できるのでオススメです!

スカイパークこまつ翼の良い点はなんといっても滑走路が近いため戦闘機などの航空機を離発着の段階から迫力満点で見ることができます。

ですが、昨年はスカイパークこまつ翼は航空祭に合わせて休業となっており、航空祭の臨時駐車場となっていました。

そのため、航空祭当日にもスカイパーク小松翼でスポーツなどを楽しみながら展示飛行を見たいと言う場合は営業状況について事前にチェックしておいた方が良さそうです。

当日は、かなり他県ナンバーで混み合っているとの情報も多いため距離によっては早朝からの場所取りが必須となるため要注意です。

 

3.小松運動公園

こちらの小松運動公園も無料駐車場は740台分が完備されています。

こちらも比較的滑走路が近く、迫力満点の離発着などを観ることができます。

小松運動公園には体育館やテニスコートなどが設置されている他に、小さい子供向けの遊具なども設置されているため子連れで航空祭を楽しみたい場合にもピッタリの場所です。

近隣にはココスやゴーゴーカレーなどテイクアウト可能な飲食店もありますのでランチタイムにテイクアウトすることも可能です。

ただし、こちらの場所も「当日車を停められない」「県外ナンバーだらけ」といった情報もSNS上に多数投稿されているため利用する場合には当日早朝からの場所取りが必須です。

 

4.小松市公会堂

こちらの小松市公会堂は、「近くで観れなくても良いから写真が撮りたい!」という方々にとっては穴場スポットとして知られているようです。

望遠レンズを使用して観る場合はとてもよく観れるという方もいらっしゃいました!

塔屋は撮影にもピッタリとのことですが、こちらも駐車場はさほど多くないためSNSやメディアで情報を入手した方が多い場合は当日の混雑も予想されます。

地元の方であれば早めの移動や近隣まで公共交通機関を利用しそこから徒歩で公会堂へ行くという手段が良いかもしれませんね。

公会堂というだけあり、スカイパークこまつ翼や小松運動公園ほどの台数は期待できませんので駐車場として押さえておく場合は混み合うことが予想されます。

あらかじめ公会堂を利用する場合には近隣で駐車可能な場所もチェックしておきましょう。

 

5.末広緑地

滑走路から約2kmほどの場所に位置する末広緑地は航空祭のファンにとっては絶景スポットのようです。

そのため当日はかなりの混雑が予想されますが当日も航空祭を観覧することができ、駐車場も無料なのが魅力です。

ただし、航空祭当日は入り口付近で警察による取り締まりなどもしているため、運転手となった方々は要注意です!

アクロバット飛行をどうしても近場で見たいと言うのであれば、確実に小松基地から見るに越したことはありませんが、望遠鏡などを使用すればこちらでも最高の眺めを楽しめます。

 

小牧基地航空祭2024ブルーインパルスの展示飛行や前日予行は何時から?

小松基地航空祭は基本的に毎年10月(秋頃)に行われているため現段階で2024年の予定については未発表です。

特に今年は令和6年能登半島地震の影響が多少なりともあることが考えられますので、近くなったら開催の可否についての情報はチェックした方がよさそうです。

今年も例年通り開催されるのであれば、小松基地航空祭は10月上旬に行われる予定ですので航空祭前日に行われる可能性が非常に高いです。

ブルーインパルスは航空自衛隊松島基地所属であるため、予行飛行自体もブルーインパルスが松島基地から小松基地に到着してからになります。

そのため時間などの詳細については基本的には基地外に情報が流れないようにされているため訓練について今後も詳細は公表されない確率が高いです。

あくまでも予想ですが予行飛行自体当日と同じくらいの時刻で行われている印象がありますので前日の飛行を観たい場合は当日の飛行時間をチェックしましょう!

前日の予行飛行であれば県外からの来場者が到着していない場合もあるため比較的観やすいのではないでしょうか。

その際は、空港や運動公園などを利用して観覧するのもオススメです!

航空祭は任務の状況や災害、天候などにで開催中止となる場合もあります。

そのためこまめに公式サイトや航空自衛隊小松基地の公式SNSなどで逐一情報をチェックすることをおすすめします。

>>小牧基地航空祭2024駐車場とアクセス方法は?穴場スポットや混雑状況も紹介

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は、小牧基地航空祭2024ブルーインパルスが見える場所はどこ?展示飛行や前日予行は何時から?という内容についてお伝えしてきました。

最近はカズレーザーさんの影響もあるためか、自衛隊人気が高まっているためブルーインパルスの他の戦闘機の展示飛行も気になる方は多いのではないでしょうか。

小松基地航空祭にはアグレッサー部隊があるためより一層ダイナミックな飛行が見れることもあり毎年展示飛行が見える場所は争奪戦となっています。

混み合う当日に備えて前日の予行飛行も見たいと言う方は事前情報のチェックは欠かせません!

今年も、どこから見ようか年明けから考えている方もいるのではないでしょうか。

素晴らしい飛行で私たちを魅了してくれるパイロット達はもちろん、災害現場をはじめ日々の日常の中で私たちの生活を守ってくれている自衛官の皆さんを応援しましょう!

そして、当日は楽しい思い出作りができるよう今から事前に小牧基地航空祭2024の情報収集をして万全な体制で当日を迎えたいですね。

 

コメント